すべてを変えるパッケージデザインという魔法。
目的はひとつ、明確なコンセプトを伝えるということ。
パッケージデザインは単なる見せかけとは違う。
商品を一瞬で伝える使命がある。

Package
Design

パッケージデザインは徹底した削ぎ落としの成果。
シンプルにすればするほど、洗練されてくる。
余分なものを捨て去った時、初めて商品は言葉を持つ。
伝えることの原点、それがパッケージデザイン。

限りなくシンプルに。
そのためには明確な商品コンセプトが必要。
一言で表現できるコンセプトをつくろう。
ひと言で現せないコンセプトはまだ欲張っている証拠。
多くを望むと得るものもなくなる。
このことを分かっているクライアントは少ない。
伝える Pro とは。
伝えようとしても伝わなければ何もならない。
あくまでも相手の立場が原則。
そのためには、自分自身が消費者にならなければ
伝える Pro にはなれない。
それを理解しているクライアントは少ない。

Works

Beverage

銀河高原ビール

銀河高原ビール

デザイナー関和のパッケージデザイン処女作。
遡ること20数年前。ビールのことを知らずしてデザインは出来ないと単身でドイツ・ミュンヘンへ渡りブルワリーを廻った経緯がある。
その後、多くのデザインを手掛け、デザイナー関和の代表作となった。
発砲インクや水なし印刷など先進技術にも取り組んだ。

漫画家松本零士さん、絵本作家葉祥明さんとのコラボした。永遠に忘れられないデザインである。

銀河高原ビール
伊藤園

伊藤園

伊藤園のペットボトルデザインにも取り組んだ。
おーいお茶シリーズを筆頭にジャスミン茶、ウーロン茶、紅茶まで担当した。
このころから買い手の気持ちを考えるようになった。量産メーカーのパッケージデザインは尋常ではない。いきなり売り上げが上がるのを経験した。

PETボトルはシュリンクフィルムに印刷をする。蒸気で縮ませて密着させる。
そのためデザインは縮み分を考慮して作成した。

湘南サイダー

湘南サイダー

飲料は地サイダーやラムネ、レモネードまで取り組んだ。
その中で湘南サイダーは今見ても、傑作だと思う。
勿論、現在も販売されている。
湘南の海を日本伝統の市松文様で現し、ブルーメタリックとシルバーの配色が大人にヒットした。液色も淡いブルーにした。
同じ時期に横浜サイダーもデザインした。

このころから味覚までデザインするようになった。
それはパッケージデザインとの一体感が必要だから。

ミナラルウォーター

ミナラルウォーター

大手商社からの依頼のミナラルウォーター。
競合メーカーと被らない水晶をイメージに取り組んだパッケージデザイン。

海外印刷・パッケージングのため、データ作成や色彩指示に時間を要した経緯がある。

Food

SALAD

SALAD

地元野菜をベースにしたイタリアジェラードのパッケージデザイン。
使用野菜もトマト、そら豆、アスパラ、にんじんとユニーク。
味覚も担当し、ジェラードの専門家とともに進めた経緯がある。

プレスリリースも担当し幅広いメディアに取り上げられた。

JAPAN BLAND きほく

JAPAN BLAND きほく

三重県紀北町商工会からの依頼で手掛けた JAPAN BLAND。
ひものを手軽に美味しくをコンセプトに製品開発も関和が担当。袋のまま開封せずレンジで調理できる。薬味も添付するなどアイデアに溢れた商品となった。ブランドマーク、ネーミング、WEBサイト、FOODEXのブースデザインなど全域で担当をした。

何故、多分野に渡ってデザインできるのか?
それは、DESIGN という仕事の本質が同じだから。
初めての分野はその業界や商品の勉強から始める。
商品を知らなくて PACKAGE DESIGN は出来ない。

Paint

ソイルペイント HiLaRi

ソイルペイント HiLaRi

ドイツからの輸入塗料ソイルペイント HiLaRi。
自然を愛する個性豊かな開発者バブカ氏をイメージキャラクターに抜擢したパッケージデザイン。
タテのストライプはドイツ・リューデンシャイトの工場にインスパイアされたもの。

自然素材を100%使用し、匂いを吸収し、調湿性のある素晴らしいペイント。

その素晴らしさに、関和デザインの事務所と自宅に全面採用した。

Stationery & PC

ぺんてる

ぺんてる

iPhoneやAndroidで暗記ができるようにしたマーカーペン。受験生まから大人の資格取得まで幅広く使われているヒット商品。
シリーズに、「スマホでスクラップ」もある。
「スマホで暗記」のネーミングやロゴも関和の制作。

右はAirPen Pocket。ペンで書いた文字がiPhoneに記憶される優れもの。

NTT-AT

NTT-AT

NTTの通信インフラのノウハウから生まれた製品のパッケージデザイン。
左は雷サージ対策用のACコンセントで本体のデザインも担当した。

右はドアのすき間も通る薄型のLANケーブルで耐久性が優れCAT5、5eと変遷を遂げた。

UMAX マスタードシード

UMAX マスタードシード

古くからのクライアント、マスタードシード社。
当初はPC用デュアルチャンネルのメモリーのパッケージデザインを手掛けていた。その後、モバイルバッテリー、PC用マルチ ACアダプター、クリーナーなどを手掛けた。

画像はボディカメラ UMX-700W。内部のパッケージングも考案した。

SEKIWA DESIGN コーポレートサイト
PAGE TOP
PAGE TOP